表参道周辺の頭痛外来

表参道エリアの頭痛外来では番町診療所表参道、クオーツメディカルクリニック、神宮前クリニックがあり、いずれも表参道駅から徒歩圏内です。頭痛の原因は様々ありますが、二日酔いの頭痛や気圧の変化による頭痛など危険性が無く治療の必要がないものから、命にかかわるものまであります。

表参道の頭痛外来ついてはこちらのサイトでご確認ください。

原因不明の頭痛は危険性があるものなのか、頭痛外来などの専門機関で検査を受けることが大切です。

危険性の高い頭痛の原因としては脳の問題があげられます。

動脈瘤や脳動静脈奇形は若い人にも見られることがあり、破裂することでくも膜下出血や脳動脈解離を起こす危険性があります。


特徴としては頭痛が始まった瞬間がハッキリしており、立っていられないほどの激しい痛みを伴います。また、髄膜炎や脳炎、脳腫瘍が原因とされる場合は日や週単位でどんどん頭痛が強くなっていく傾向があります。



これらの原因には生命に危険が及ぶ可能性があり、専門的治療が必要です。


慢性頭痛など外科的治療が必要ない場合は、頭痛外来の適応となり、内服による治療や経過の観察を行います。

定期的に痛みが来る慢性頭痛には片頭痛、群発頭痛、緊張型頭痛、頭部神経痛などがあります。

片頭痛は頭の片側に起こり、ズキンズキンと脈を打つような痛みが特徴的です。



群発頭痛は1〜2か月間に集中して毎日数分〜数時間の頭痛が起こるもので、目の奥がえぐられるような激痛が特徴的です。
緊張型頭痛は頭の両側がぎゅーっと締め付けられるように痛むのが特徴的で、軽い運動により症状が軽減する場合があります。